FC2ブログ
 

カリビアンコム体験記 無料動画案内所はこちら
無料で見られる動画を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コリア・ゲーム・カンファレンスで9日、ゲームポットの植田修平社長は「ゲーマーコミュニティと働く:オンラインゲームビジネスにおけるゲーマーコミュニティと彼らの衝撃」と題した講演を行い、運営側の立場によるコミュニティ育成の実践事例について紹介しました。



ゲームポットの代表作といえば、ゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』が有名ですが、その他にも『君主オンライン』『カバル オンライン』『ファンタシーアース ゼロ』『トキメキファンタジー ラテール』という全5タイトルを運営しています。また今後も『モンスターファームオンライン』『オンラインカート ステア』『LEVEL-R』『アップルシードオンライン カードタクティクス』『疾走。
最新wiki情報は・・・wikiランキング



ヤンキー魂』のサービスインを控えており、すべてを合わせると全10タイトルとなります。開発会社が日本・韓国・ハンガリーと多岐に渡ることと、同社は開発を行わず、運営に徹している点が特徴です。

はじめに植田氏は「オンラインゲーム白書2007」のデータを元に国内の人気オンラインゲームタイトルの順位を紹介し、人気タイトルの特徴として「可愛らしいキャラクター」と「強固なコミュニティ」という2点を上げました。さらにコミュニティの場として「2ちゃんねるやmixiなどの掲示板・SNS」「wikiや攻略サイトなどのゲーム情報サイト」「コミケなどの同人誌文化」という3点を上げ、これらをバランス良く取り込んでいくことが重要だと語りました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆wiki関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adtfe.blog100.fc2.com/tb.php/336-1ed5a260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。