FC2ブログ
 

カリビアンコム体験記 無料動画案内所はこちら
無料で見られる動画を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 米オラクルは11月13日(米国時間)、ミドルウェア統合製品の新版「Oracle Fusion Middleware 11g」のベータを開催中のイベント「Oracle OpenWorld」で紹介した。注目はWeb 2.0に代表されるWeb技術への対応。同社のOracle Fusion Middleware担当シニア・バイスプレジデントのトーマス・クリアン(Thomas Kurian)氏は「Wikiやブログ、SNSなどのWeb 2.0技術とエンタープライズ・アプリケーションを一緒に使えるようになる」と話した。

 Fusion Middleware 11gは複数スイートの集合体。アプリケーション開発ツールとフレームワークの「JDeveloper and the Application Development Framework」やJ2EEアプリケーションサーバの「Application Server」、アイデンティティ管理の「Identity Management Suite」、企業パフォーマンス管理の「Business Intelligence Suite and Enterprise Performance Management System」などで構成。
最新wiki情報は・・・wikiランキング



オラクルの買収戦略が続いていて、製品の範囲が拡大している。

 クリアン氏が力を入れて説明したのがEnterprise 2.0を実現するとの触れ込みの「WebCenter Suite」。「ビジネスユーザーが簡単にドキュメントを作成し、編集し、Webにレイアウトし、パブリッシュし、レポジトリに入れて、タグで管理できる」(クリアン氏)環境で、Wikiやブログ、Web編集ツールなどを企業内で利用できるようにし、社員のコラボレーションを活性化させる。

 クリアン氏はタグによって情報管理が容易になるとして「オンラインで写真をFlickrにアップして、別のユーザーが検索して探すのと同じように、ドキュメントを扱える」とWebCenterを説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆wiki関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adtfe.blog100.fc2.com/tb.php/341-61c61bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。